血液のがん

医師

白血病はがんの一つであり、骨髄から血液細胞が作られていきます。
そのときに骨髄へがん細胞が侵入して骨髄に傷をつけていくのです。
この白血病は血液内にも影響を及ぼすため、身体にも様々な症状を引き起こします。
初期症状としては貧血や免疫力低下などが挙げられていますが、体調不良と勘違いしやすいので初期症状を見逃してしまうことがあります。
白血病を放置していると骨髄全体にがん細胞が侵食していくため、適切な治療を行なったとしても手遅れになることもあるのです。
そのため初期の段階で気づくことが重要なので、身体にいつもとは違う違和感があればすぐに病院へ行って治療をする必要があります。

大きく分けて急性白血病や慢性白血病の二つがあります。
これらの症状によっても治療法が異なってくるため、最適な治療をするためには専門医に詳しく検査をしてもらわないといけません。
診断をするときは、血液検査や骨髄検査でどの状態か調べることができます。
通常の定期健診などでは発見することが難しいため、詳しい検査をすることで病気の特定ができるのです。
基本的な治療法としては抗がん剤を使う化学療法が行われており、この治療法をすれば造血を回復させていきます。
様々な白血病治療がありますが、どれも少なからず副作用が発生することもあるのでそれを踏まえて治療をしなければなりません。
血液に異常があるときは白血病の可能性が高いので、そのときは通常の検診ではなく精密検査を行なうことが大切です。

点滴

白血病は症状があるだけではその病気なのかを特定することができないため、自己判断するのではなく専門病院へ精密な検査をすることで検査結果を知ることができます。がんの進行を早く発見できればすぐに治療へ取り掛かることができます。

Read more

病院のロビー

白血病の治療は主に抗がん剤投与の化学療法を行いますが、この治療では貧血などの副作用を起こすことがあります。貧血の対処法は点滴をすることで必要栄養素を身体の中に摂取することができます。

Read more

点滴

白血病には様々な種類があり、急性白血病や慢性白血病から骨髄性やリンパ性などの病気になることがあります。人によってかかる症状が違うので、それに合わせた治療を行なうことで早い病気改善ができます。

Read more

総合病院

白血病はがんの一つとされているので、放置してしまうと死に至る危険な病気の一つです。適切な治療をしなければ他の臓器への転移も考えられるので、転移しないように早い治療が必要です。

Read more

救急車

白血病の中には急性白血病がありますが、この病気の症状は貧血の他にも鼻血や歯茎からなどに出血をすることがあります。人によって症状の差があるため、初期症状は何が出たのかを把握していると特定して治療しやすいです。

Read more

検査機器

白血病は適切な治療で治ったとして5年は経過観察をするために病院へ定期的な検診をする必要があります。もしかしたら、どこかへ転移していることもあるので、それを見逃さないように検診をしていれば再発を見つけることができます。

Read more